中鉢良治 中鉢良治

中鉢 良治(ちゅうばち りょうじ、1947年9月4日 – )は、日本の実業家。学位は工学博士(東北大学・1977年)。独立行政法人産業技術総合研究所理事長。ソニー株式会社取締役・代表執行役副会長、ソニー株式会社最高執行責任者、ソニー株式会社社長、ソニー株式会社副社長、社団法人日本経済団体連合会評議員会副議長・産業技術委員会共同委員長などを歴任した。

『中鉢良治』の名言・格言一覧(全30件)

中鉢良治 ひとつの話題から連想を広げ、リンク先を探していくと、情報がどんどん連結していきます。知識とは、情報を・・・

中鉢良治 情報をリンクするためには、情報のストックが必要です。僕の場合は、気になった情報を手帳にすべて手書きで・・・

中鉢良治 リンクし、拡張していくことの重要性は、個人だけではなく組織においても同様です。個人の才能が会社の財産・・・

中鉢良治 相手への好奇心を持ち、相手の持ち味も認めるだけの拡張性を持つことで、そこに新たな連結点が生まれる。個・・・

中鉢良治 大学院を卒業するとき、アカデミズムの世界に残るべきか、ビジネスの世界に進むべきかを悩んだ末、ソニーに・・・

中鉢良治 一流の技術者たちがひしめき合って、世界で一番を取るためにはどうしたらいいか、毎日活発に議論を戦わせ、・・・

中鉢良治 ソニーには挑戦を許す文化があります。だから技術者も元気がよかった。それが、いつのまにかノビノビと楽し・・・

中鉢良治 僕は社長に就任したとき、社員と直にコミュニケーションをはかることに決めました。社内向けのブログを始め・・・

中鉢良治 会社のトップが社員ひとりひとりをきちんと見て、理解していると彼らに伝えたい。理解とは、評価よりも先に・・・

中鉢良治 昔はエンジニアたちの間で「上司の足音が肥やし」だなんて言われていたものです。僕自身、若いころは、上司・・・

中鉢良治 エレベーターに乗り合わせたときにかけられた一言とか、他愛もない言葉が、ものすごいバネになる。だから社・・・

中鉢良治 社員に関心を示すことを体現するのは、結構な肉体労働です。でも、実際に合うことですぐにフィードバックが・・・

中鉢良治 社員同士にも同じように、コミュニケーションから生まれるリンクを大事にしてほしい。システムが解決してく・・・

中鉢良治 僕は技術者に「優しさを学べ」と言っています。これは学生時代に恩師から学んだことです。当時「お前は優し・・・

中鉢良治 10年前、病気で倒れ、一時は危篤状態に陥りました。それから1ヶ月間入院しました。退院した日のことは忘・・・

中鉢良治 自分で見て、自分で気づくことが重要なのです。そして、その気づきを情報としてストックしていく。バーチャ・・・

中鉢良治 僕は手帳に、直接見聞きしたできごとに加え、雑誌や新聞を読んで気になったネタや、ふと思いついたアイデア・・・

中鉢良治 情報のストックには、できればパソコンではなく、手書きをお勧めしたい。手を動かすと記憶に残るし、書き写・・・

中鉢良治 集めた情報を何度も見返しては、情報と情報を関連付け、網の目を広げていくのです。手間暇かけて情報を集め・・・

中鉢良治 僕は、とんがった社員を育てたいと思っています。とんがった社員と付き合うのは、ものすごく手間ひまかかる・・・

1 / 212
サブコンテンツ