どのような動機を持つかによって、事業が一定の成功を収めたあと、企業としてそれ以上成長できるかどうかが決まるのです。動機が単なる自己実現であるなら、それが満たされたところで会社の成長は止まってしまいます。逆に社会への使命感から事業を始めた場合は、個人的満足では終わりません。

仮屋薗聡一

仮屋薗聡一のその他の名言・格言(全7件)

投資では、投資する側とされる側のケミストリー(相性)が問題になります。グロービスは「社会貢献」「自己・・・

融資にはふつう担保を取りますが、ベンチャー投資に担保はありません。投資先が事業に成功することが唯一の・・・

ベンチャー企業に投資するか決める際の、平均2か月をかける事前のデューデリジェンス(適正評価手続き)で・・・

経営者の信頼度を測る私たちの基準は、第一に「設立の動機」です。稲盛和夫さんが言われるように、「動機 ・・・

信頼はつくろうとしてつくれるものではありません。当然ですが、ムリに自分を飾ろうとするのは逆効果だと思・・・

企業は人の集合体であり、社員一人ひとりが成長しなければ、企業も成長できない。

偉人の名前を姓名判断で見るとすごい結果に?!
スクロールトップ