確かに、6・3・3制の義務教育という制度は、占領統治下ではそれなりに意味があったと思う。だけど、この制度は受験戦争を生み、教師をマシン化させるという弊害を引き起こした。いまの日本の現状を考えれば、やはり6・6制という昔の制度に戻すのがいいと思う。そうすれば受験制度もなくなり、教師も血が通った教育ができるだろう。 戦後かなりの時間がたって、義務教育というものをありがたがる時代は去ったのではないか。 少なくとも僕は、そう思っているんだ

石原裕次郎

石原裕次郎のその他の名言・格言(全22件)

僕らがちっちゃい時は、家族4人で風呂に入っていた。「お母さんもおいで」なんて、親父が呼んでさ。お袋が・・・

僕は、まだ若くて単純かもしれないけどね。自分で納得のいかないことはしたくないよ。

デビューしたころは、ロケに行って、「おい、裕次郎、こっち向け」なんて、行儀の悪い見物人から言われると・・・

美しき者に微笑を淋しき者に優しさを逞しき者に更に力を全ての友に思い出を愛する者に永遠を心の夢醒める事・・・

僕はまだ若くて単純かもしれないけどね。自分で納得のいかないことはしたくないよ。

僕達が子供の頃は、無形のものから有形のものをどんどん生んでいった。物が無いんだから、工夫するしかない・・・

動物には、動物の距離感があるように、人間同士がうまくやっていける距離感を、僕ら団塊の世代は、すし詰め・・・

俺はもう、美しい唇から出る言葉も、真珠のような涙も信じないようにしてきた。

ここは戦場だ!愛だの許すだの。そんなことより生きることが先だ!

あんたと俺の間には、目に見えない海があるんだ。どうにもならない海が…。

石原裕次郎の全名言・格言を見る(全22件)
偉人の名前を姓名判断で見るとすごい結果に?!
スクロールトップ