頭で最初に考えて、そして後からモノができる。160キロ投げている姿がある。そこに後からできる現実がある

- 大谷翔平 -

サブコンテンツ