ジャック・ウェルチジャック・ウェルチ

ジョン・フランシス・“ジャック”・ウェルチ・ジュニア(John Francis “Jack” Welch Jr., 1935年11月19日 – )は、アメリカ合衆国の実業家。1981年から2001年にかけて、ゼネラル・エレクトリック社の最高経営責任者を務め、そこでの経営手腕から「伝説の経営者」と呼ばれた。

ピーター・ドラッカーの信奉者であり、1980年代のアメリカにおける整理解雇ブームを惹き起こした人物として有名である。ウェルチの基本的な経営手法は、(1)「リストラ」「ダウンサイジング」と呼ばれる大規模な整理解雇による資本力の建て直しと、(2)企業の合併・買収(M&A)と国際化の推進である。又、「世界で1位か2位になれない事業からは撤退する」とも主張した。会社を守り、人材を守らないことから、「建物を壊さずに人間のみを殺す中性子爆弾」の特性になぞらえて「ニュートロンジャック」と綽名された。
その一方、彼と逆の経営手法を採った美川英二(横河電機元社長)のことを彼こそ経営の神様だと評価している面を持つ人物でもある。(美川英二の経営手法は、終身雇用を最重視し、企業の適正規模は今のコンピューター社会でも2000人までが限度と説き、総務課までをも社内分社化するというものだった)

『ジャック・ウェルチ』の名言・格言一覧(全63件)

ジャック・ウェルチスピードはきわめて重要だ。競争力に欠かすことのできない要素である。スピードがあれば、企業も、従業員も・・・

ジャック・ウェルチすぐれたことを成し遂げるのは戦略ではなく、すぐれた人間だ。常に燃え上がれ。ただ進め。冷静な、理性的な・・・

ジャック・ウェルチ「ほほう!」を見つけるんだ。(覚書き|ほほう!=aha!:感心するもの、驚いた・びっくりしたもの、な・・・

ジャック・ウェルチ私が臆病者だって?戦うことが目的ではない。勝つことが目的なのだ。しかし、勝ちめがなければ撤退する。ビ・・・

ジャック・ウェルチ事業というものは、もっともらしい計画や予測を立てるから成功するのではない。現実に起こっている変化を絶・・・

ジャック・ウェルチすぐれていること、競争力があることは、正直であること、誠実であることと矛盾するものではありません。

ジャック・ウェルチこれから先はまったく新しいゲームが始まる。変革を起こそう。いままで経験がないのだから、やはり経験した・・・

ジャック・ウェルチ自分の運命は自分でコントロールすべきだ。さもないと、誰かにコントロールされてしまう。何もしなければ、・・・

ジャック・ウェルチ部下が10人いたら1人は必ず優秀で、1人は必ず切り捨てる。

ジャック・ウェルチつらい仕事に耐えたのに昇進させてもらえなくても、もうちょっと我慢したほうがいい。優良企業なら、そこに・・・

ジャック・ウェルチ自信の貯金を始める必要がある。最初に仕事でも家庭のことでもかまわないから、現実的な目標を立てる。この・・・

ジャック・ウェルチ変化はつらい。だが、ビジネスの世界では避けがたいことだ。あなたに残されているのは、名残惜しいだろうが・・・

ジャック・ウェルチコンサルタントには気をつけろ。知らないうちに、あなたのビジネスにずっと口出しし続けるようになってしま・・・

ジャック・ウェルチ直感や本能は恥ずべきものではない。それは単にパターン認識の一つと言えるのではないだろうか?あることを・・・

ジャック・ウェルチリーダーシップには5つの特質がある。一つ目はポジティブなエネルギー。ふたつ目はエナジャイズ。エネルギ・・・

ジャック・ウェルチいいひとタイプの上司は誰に対しても同じように優しく情のこもった弱々しさで接する。ミスに対しても、結果・・・

ジャック・ウェルチ厳しいが公平で、厳しく尻を叩くが応分に褒賞を与え、ストレートに接する人物。業績を上げられない人は、こ・・・

ジャック・ウェルチ往々にして小規模の組織でよく見かけられる。小さな会社だとボスと肩肘を張らない家庭的な関係を築きやすい・・・

ジャック・ウェルチ現状、どの企業でも行われている予算策定プロセスは、誰も望まない類のものだ。非生産的と言ってしまったほ・・・

ジャック・ウェルチキャリアは長期的なものであり、予想できないものだと言うことだ。まっすぐ順調に進むことはまずない。ジグ・・・

1 / 41234
サブコンテンツ